メディカルハーブとは

古くから薬草として用いられているものも多く、有効成分が科学的に証明されているハーブを指します。近代医学がめざましい発展を遂げる中、自然療法の一分野であるメディカルハーブが人気を集めています。もともと私たちの身体に備わっている自然治癒力を高めてくれることから、近年では病気の予防や健康管理に幅広く活用されています。

近代医学のお薬がピンポイントで病気やその症状に働きかけるのに比べ、メディカルハーブはたくさんの成分が全身に穏やかに作用します。心と身体のバランスを保つようにする、またはバランスを崩しそうになった時にもとに戻そうとする力が働くと考えてもらうといいかもしれません。


医療の現場で働いていた私にとって、近代医学のお薬は現代人には必要不可欠なものであると捉えています。
しかし、病気になってしまったからには早く治すことが先決です。その治すまでの過程で起こるストレスや不安からくる不調、回復の手助けにはメディカルハーブが大きな力を発揮します。

メディカルハーブを味方につける

人は何かしらのストレスを抱えています。ストレスを感じないという人も中にはいるかもしれませんが、
まずはストレスを自覚することから始め、傷つきながらも前に進んでいけるように対処の仕方を身につけることが大切です。
ストレスの原因に働きかけても問題解決しない場合は、なんらかの手段をもつことが助けになってくれます。
ショッピングや美味しいものを食べるなどのストレス発散方法もいいですが、ため込まないことが大切です。毎日の生活の中でリラックス系のハーブを活用するなどしてセルフケアを行うようにしましょう。その日のストレスは、その日のうちに解消するよう心がけるとストレスと上手に付き合うことができます。
リラックス・癒し効果を得たい場合は効果効能にこだわるよりも、香りが好き、味が好きといったところから選ぶのもおすすめです。

メディカルハーブを活用する

一日の中でも活用方法はたくさんあります。例えば、朝の目覚めに胃腸に優しくしみわたるハーブティーを一杯、お出かけ前にお好きな精油(エッセンシャルオイル)をハンカチに一滴、お仕事中の気分転換にリフレッシュオイルスプレーをデスク周りにシュッとひと吹き、お昼休みは気分をハツラツとさせてくれるハーブティーを一杯。バスタイムはエッセンシャルバスで癒してもらい、就寝前のほっと一息にハーブティーを飲む。メディカルハーブはこんなにも大活躍してくれます。日々の暮らしのサポート役としてメディカルハーブを活用してみてはいかがでしょうか。

メディカルハーブを楽しむ

そして、せっかくですから準備する段階から楽しむようにしましょう。『ハーブの恵みを五感で感じる』ことができれば暮らしがぐっと豊かになります。湯を沸かす音、湯を注ぐ音、ハーブの茶葉が踊る様子、お湯の色が変化する様子、部屋中に広がる香り、カップを持つ手の温かさ、口に含んだ時の温度・風味や舌ざわり、他にもエッセンシャルオイルの蓋を開けた習慣の香りの贅沢感など、まだまだ感じる部分はたくさんあります。
VIVOも現役時代はそうでしたが、今この瞬間を楽しむ気持ちを忘れがちなのかもしれません。


他にもメディカルハーブは美容・お料理、毎日の元気に、などさまざまなシーンで活用できます。
医療の現場でも感染症・肺炎・認知症などに効果が期待されています。
メディカルハーブが、皆さまの暮らしとともにいつもそこにある存在、強い味方になってくれることを願います。