メディカルハーブは古くから薬草として用いられているものも多く、有効成分が科学的に証明されているハーブを指します。近代医学がめざましい発展を遂げる中、自然療法の一分野であるメディカルハーブが人気を集めています。もともと私たちの身体に備わっている自然治癒力を高めてくれることから、近年では病気の予防や健康管理に幅広く活用されています。

近代医学のお薬がピンポイントで病気やその症状に働きかけるのに比べ、メディカルハーブはたくさんの成分が全身に穏やかに作用します。健康=心と身体のバランスが取れている状態であり、そのバランスを保つようにする、またはバランスを崩しそうになった時にもとに戻そうとする力が働くと考えてもらうといいかもしれません。


医療の現場で働く私にとって、近代医学のお薬は現代人には必要不可欠なものであると捉えています。病気になってしまったからには早く治すことが先決です。しかしその治すまでの過程で起こるストレスや不安からくる不調、回復の手助けにはメディカルハーブが大きな力を発揮します。

メディカルハーブで妊活中の心と身体のバランスを整える

健康とは心身のバランスが整っていること=妊娠しやすい身体づくりのためには心身のバランスが整っていることが大切です。 両者のバランスがとれていないと自律神経に影響が及び、さまざまな不調がでてきます。特に不妊治療中はストレスや不安でそのバランスを崩しやすくなっています。

特にメンタル面への影響は大きく、日がな一日不妊治療のことを考えている、どうして妊娠できないんだろう、頭ではわかっていても気持ちがコントロールできない、妊婦さんを見るのも嫌、友人の妊娠すら喜べない、いつまで続くんだろう、まるで迷路に迷い込んだよう、などどんどんネガティブな思考に陥っていきます。そんな自分に気づいたらどこかで軌道修正が必要です。


一日の生活の中に上手にメディカルハーブを取り入れてメリハリをつけるだけでずいぶん気分は変わります。こんな時にはこのハーブという強い味方を作っておけばきっと気持ちのコントロールが可能になることでしょう。
あなたの周りにいる大切な人達はあなたの笑顔が大好きなはずです。