ハーブって何?ハーブについてもっと知りたい!

basil

ハーブって何?

ハーブは私たちの暮らしに
無くてはならないもの、
生活を豊かにしてくれるもの、
昔から人の暮らしに根付くもの、
というようなイメージが
VIVOにはありますが
みなさんはいかがでしょうか?
ハーブとは、
上の写真のバジルのように
香りや味が強くて
食べられる食用の植物。
スパイスという言い方もありますよね。
それから、
薬用や虫よけに使われる植物。
他にもクラフトやポプリに
使われる植物もあります。
古代の人達は
この植物には毒がある、とか
これは食べることができる、
ケガをしたときにはこれ、
病気の時にはこれ、
というように必要な知識を経験で
積み上げてきたんですね。
それがこうやって現代にも伝わっている、

なんだかロマンを感じます。

ハーブの語源は?

ハーブの語源はラテン語で『草』を
意味するherba(ヘルバ)です。
地中海沿岸の人たちは
有効性があって大事だと思った草を
ハーブとして認識していたのかもしれません。
その後、英語のherbへと変化しました。

ハーブのことを
もっと知りたい!

ハーブといえば
ローズマリーとかミントとか
洋風なイメージが強いですが、
日本にも昔からハーブは根付いています。
代表的なものは
シソ、よもぎ、クロモジ
ドクダミ、スギナ、生姜など
があります。
和のハーブといって
最近、注目を集めています。
VIVOも和のハーブから
日本の歴史や文化、伝統に触れてみたいなと
思っています。


ハーブのことをもっと知りたい!
ということで、
これからも知識を深めて
より良い情報をお伝えしていきますね。

メディカルアロマインストラクター資格取得講座 公式サイト