冬の感染予防対策はメディカルハーブにおまかせ!

1月は
感染予防対策の心強い味方となってくれる
メディカルハーブ2種を紹介します。

エキナセア


エルダーフラワーです。

風邪やインフルエンザのウィルスは
気温が低いほど速く増殖します。
そのうえ、寒い季節は空気が乾燥しやすく
目や鼻の粘膜が乾燥して
ウィルスがくっつきやすくなります。
寒い空気を吸い込むことで
気道の免疫力も低下します。


妊活中、大切な治療前に、
体調を崩したりすることがないよう
しっかり感染予防対策をとっていきましょう!


感染予防対策として大切なのは
※こまめに手洗い
※手で自分の顔に触れない
※十分な水分補給
※バランスの取れた食事を取る
※寒くても外に出て運動する
※喉や鼻の乾燥に加湿器を使う
※インフルエンザワクチンを接種する
などがあげられます。


そして、
メディカルハーブ!
今回紹介のメディカルハーブ2種は
感染予防に定評があります。

生活の木 エキナセアティーバック

    免疫力を高めるハーブ 
  ☆エキナセア

主要成分
エキナコシド、多糖類、シナリン、
イソブチルアミド

作用
免疫調節、免疫賦活、浄化、創傷治癒、

 抗菌・抗ウィルス

 適応
風邪、インフルエンザ、気管支炎、
尿道炎、治りにくい傷


北米の先住民が最も大切にしたハーブで
伝染病や毒蛇に咬まれた時などに用いました。
戦後、ドイツなどで
エキナセアの科学的研究が進み
免疫力を高めるハーブとして
今では広く知られています。
*マクロファージを活発にする作用があります。
免疫力が落ちている時に起こる症状一般や
感染を予防するために使われます。
ひとくちひとくち飲みすすめるうちに
身体がポカポカ温まる感じがします。
心も身体も元気になる
とてもパワーを感じるハーブです。

上の写真はティーバックになっているもので
手軽に侵出することができます。

*マクロファージ 白血球の1種
細菌やウィルスなど異物に対する
最初の生体の防御反応に重要な役割を果たす。
細菌やウィルス、壊死組織など
異物を捕食し消化、殺菌、
清掃屋の働きをしてくれる。

ニールズヤードレメディーズ
エルダーフラワー

  インフルエンザの特効薬 
  ☆エルダーフラワー 

主要成分
フラボノイド配糖体、クロロゲン酸

粘液質、ミネラル(特にカリウム)、精油

作用
発汗、利尿、抗アレルギー

適応
初期の風邪、インフルエンザ、花粉症

フラボノイドを豊富に含み
発汗・利尿作用をもたらします。

抗アレルギー作用を持ち、
*カタル症状を鎮めるため、
欧米では
インフルエンザの特効薬
と呼ばれています。
くしゃみ・鼻水・鼻づまりなど
花粉症の症状にも用いられています。

英国ではコーディアルと呼ばれる
自然飲料として楽しまれています。
香りはフルーティーで
マスカットに似た風味をしています。
風邪気味かも、うん?なんか怪しいぞ、
と思ったら、
いつもより熱めのお風呂で身体を温め、
エルダーフラワーのティーを飲む、
がVIVOの定番です。
お味がとにかく美味しくて好きなんです。


*カタル症状
風邪を引いた際の症状
咳や鼻水・鼻づまり、のどの痛みなど

さらに!

この2種類にビタミンCが豊富な
ローズヒップをブレンドすると
感染予防にも美容にも効果的!
ぜひお試しくださいね。

寒さに負けない!ウィルスに負けない!
植物の力を借りて
元気な身体でこの冬を乗り越えましょう。


イキイキ妊活応援します!