飾ってみよう!ジャック・オ・ランタン

ハロウィンといえば日本のお盆のようなもの。
ヨーロッパの古代ケルト人の習慣が始まり。
死者の霊ととともに、
悪霊や魔物も一緒にこの世に現れてしまう
ということで、
子どもがさらわれたり魔物に魂を奪われたり
するのを避けるため、自ら悪霊や魔物の
仮装をして身を守ったそうですよ。
そして、かぼちゃをくりぬいた
ジャック・オ・ランタン。
中に蝋燭を灯して玄関戸口に飾り
魔除けや悪霊を追い払うという
意味があります。

このジャック・オ・ランタン。
もとはカブだったそうです。
アイルランドの昔話がアメリカに広まる時に
かぼちゃの生産が多かったアメリカで
かぼちゃに変化したそうです。

ハロウィンの歴史も興味深いですが
この季節はいろいろなお店の店頭に並ぶ
かぼちゃ♡
やっぱりカブよりかぼちゃですよね。

私も早速ハロウィン用に
かぼちゃを選んできました。


真っ白のかぼちゃが
カスペリータ
オレンジがプッキーニかぼちゃ
星形をしたものがGalaxy of stars
こんなに種類があるとはびっくりでした。
微妙に形や色味も違うので迷う迷う。
どれもこれも可愛すぎる!
で、選んできたかぼちゃに顔をつけましたよ。

本格的なジャック・オ・ランタンは
ハロウィン本番の10月31日に間に合うように
飾れればなと思っています。
くり抜いてLEDキャンドルライトをつけます。
あまり早くくり抜くと腐ってしまう
恐れがあるのでしばらくはこのままで。
このにぎやかなかぼちゃたちは
クリニック3診前待合室
VIVOのコーナーに大集合しています。


おうちでもジャック・オ・ランタン
飾ってみてはいかがでしょう?
季節を感じる心と楽しむ余裕が生まれます。
きっと、あなたをほっこりさせてくれますよ。