若返りのハーブ、ローズマリーで軟膏作り(前編)

今年のゴールデンウィークは
ハーブを何種かプランターに
植えてみました。

中でも若返りのハーブと呼ばれる
ローズマリー。
皆さまのご自宅にも
生垣替わりに植えられていたり
するかもしれません。
育てていても効果や効能
使い方を知らなかったと
いう方も意外に多いです。


ローズマリーは
抗酸化作用・抗菌・血行促進・
新陳代謝促進・疲労回復・
記憶力や集中力を高めるなど
脳の働きを活性する
作用があります。
そのため、
介護の現場では認知症
の方に使用されたりしています。


美容には
成分のウルソール酸が
肌荒れ・しわ・しみ
などを改善してくれるようです。
頭皮のケアにもよく使われています。
ほうれい線にも。


なんて素晴らしい♪
これは使ってみるしかない!
ということで

ローズマリー軟膏を
作ってみることに。
材料は
ローズマリー生orドライ
無水エタノール
白色ワセリン

自分で作ると香料や保存料が
一切入っていない
天然成分だけの軟膏が
できあがります。

まず
軟膏を作るためには
ローズマリーの
ティンクチャー(チンキ)
を作る必要があります。
今回はフレッシュローズマリーで。

ハーブティー用のドライハーブ
でもOK。
*ドライの場合は無水エタノールに
漬け込む所から参考にしてください。

フレッシュローズマリーを
キレイに洗い
ひげ葉っぱの部分だけを使います。


水分を乾かしたら
さらに500Wで1分
レンチンします。
煮沸消毒した瓶に
ローズマリーを移し
無水エタノールを
入れます。


ローズマリー10g
無水エタノール50cc

もしくはローズマリーが
ヒタヒタに浸かるぐらい。
無水エタノールを入れ
瓶を数回振っただけで
緑色が~~
すご~~い!



漬け込むのは2週間程度。
毎日数回振り振りします。
保管は直射日光の当たらない
冷暗所。

この作業はとても簡単。
作っている時の
ローズマリーの
なんともいい香り~
癒されます。
電子レンジの中も
ローズマリーの消臭・抗菌効果
でバッチリ!
ドアを開けたら
ローズマリーの匂いが~

今回はここまで、


ティンクチャーの
出来あがりを待つことにします。
次回後編で完成です。
ティンクチャーと
白色ワセリンを湯煎して
混ぜていきます。


美肌でイキイキ妊活!

さようなら
ほうれい線~

※通常の使用範囲では安心して
使えるハーブですが
高血圧・妊娠中は注意が必要です。