その基礎体温表必要です。

毎日毎朝、
目が覚めたら動き出す前に、
舌下に挿し込む婦人科体温計。
大変ですよね~

あ~くわえたまま
また寝ちゃった。

あ~今日も忘れた、
まっ いっか。
ついつい忘れるのよね。

毎日起きる時間まちまち、
測る意味ある?

一日二日忘れることも
あるでしょう。
気にせずに明日からは
きちんとつけましょう。

時間はまちまちでも
起床後すぐに測れば
問題ありません。
測りましょうね。

もしも
基礎体温表=妊娠のため
基礎体温表=不妊治療
ということで、

 メンタルから
体温を測ることがつらい、
基礎体温表をつけることが苦痛、
という場合は
少し植物の力を借りてみましょう。

これから紹介するのは
前向きな気持ちにさせてくれる
精油たち。

おすすめの精油は、
ベルガモット
ローズマリー
ペパーミント


精油を
枕元の手が届く場所に置いて就寝。
目が覚めたらまず、
精油に手を伸ばして香りを
嗅いでみましょう。
香りを嗅ぐだけなので
簡単!
そのあと基礎体温を測りましょう。


ベルガモットはリラックス効果の
高い精油ですが心を明るく
してくれます。

ローズマリーは
自信や気力をなくした時、
前向きな気持ちにさせてくれます。
*高血圧には注意が必要です。

ペパーミントは
お馴染みメントールの
スースーした香りが
活力を与えてくれます。
ストレスや疲労に
目覚めスッキリで
頭をすっきりさせてくれます。

*妊婦さんは使用を控えましょう。


香りは鼻から
ダイレクトに脳に伝わります。
しかも感情をコントロールする部分に。
毎朝の香り習慣、
きっと心が軽くなる手助けを
してくれます。

ということで

体温の動きから、
目に見えない
ホルモンの働き、身体のリズム
がわかるだけではなく、
不正出血などの異常が
あった場合にも
大切な情報となります。

そして
園田桃代ARTクリニックでは、
基礎体温表に大切な治療の
経過を記録します。
超音波検査で確認した
卵胞の大きさを記録したり、
子宮内膜の厚さを記録したり、
必要なお薬の記入や処方日数、
検査結果も記入します。


いろいろな情報が詰まった
大切な大切なノート。
来院日には必ずご持参くださいね。